PLANETARIO|「月に触れる」スマートフォンショルダーバッグ【送料無料】

カテゴリから探す

インテリア



キッチン&ダイニング



ファッション



ステーショナリー



フード&スイーツ



Instagram

Facebook

Twitter

STORE CONCEPT

カテゴリ一覧

Instagram

Facebook

Twitter


PLANETARIO|「月に触れる」スマートフォンショルダーバッグ【送料無料】

新作 おすすめアイテム

価格

¥ 12,500(税込)

数量


iPhone12シリーズにフィットする、ミニマルなショルダーバッグ。大胆にトリミングした月部分はポケットに。チェーンストラップでエッジを効かせたスタイルは、ジェンダーレスで身につけられます。

月を触る?日本発、高精細エンボス加工で実現する月の手触り。

私たち日本人は古くより月を愛でてきました。その起源は縄文時代にまで遡ると言われています。 和歌や昔話では情景を表す重要なモチーフとして登場したり、現代ではお月見、月見そば、月見バーガーといったフードの名称にも使用されるほど身近な月。

今回ご紹介する「PLANETARIO(プラネタリオ)」は、兵庫県発の超高精細エンボス加工技術「Delitte(デリット)」で月のクレーターを再現した、 「月に触れる」バッグコレクションです。月の満ち欠けの遊び心や、生地の煌めき、凹凸の質感によって月の印象を再現しています。

PLANETARIOの一番の特徴は、なんと言っても、その質感です。超高精細のエンボス技術だからこそ実現できるきめ細かな凹凸で、 岩肌のような手触りを表現しています。身に着けた時のシルエットやグラフィックと同様、日本国内での生産にこだわり、 生地への加工から縫製に至るまで職人による手仕上げで実現しました。

開発のきっかけは、生地加工の発明との出会いから

「PLANETARIO」の開発プロジェクトは、ある技術との出会いからスタートしました。
「Delitte」技術を有するオーヨン株式会社は、神戸市兵庫区の「神戸市ものづくり工場」の一角にあります。 中に入ると、まず目に飛び込んでくるのは「世界に1台しかない」というオーダーメイドの大きなプレス機。 これは、Delitte開発者であり、「課題が難しい方が燃える」と語る職人気質の代表取締役 呉本勇(くれもと・いさむ)さんのこだわりが詰まった機械です。 創業時には、以前勤めていた会社の退職金を注ぎ込んだ!?という…まさに人生をかけた技術がここにあります。

「Delitteは鳥の羽や葉っぱなどの実物をそのまま革に押したり、高精細な画像データを使って特殊な型を作ることで通常よりも繊細な凹凸表現ができます。 だから、仕上がりは通常の金型を使用したものよりもあたたかみがあり、柔らかい感じになるんですよ」と呉本さんは言います。

Delitteで凸凹の表現するには、異なる生地や大きさに応じて入念な調整が必要です。これまで呉本さんらが培った技術と経験の蓄積があるこそ、実現できる匠の技。月のクレーターの表現方法を探り、何度も生地のやり取りを重ね、イメージする手触りを求めました。

月のクレーターを感じる、スマートフォンショルダーバッグ

スマートフォンに様々な持ち物が集約されて、お財布すらも持ち歩かないなんてことも増えてきましたよね。 メインのバッグとは別に、楽々コーデにコンパクトなショルダーバッグで気軽にお出かけしてみませんか?

大胆にトリミングした月部分はポケットに。美術館等に行った際のチケットや、ちょっとしたメモ等を差し込むことが出来ます。 背面のスリットポケットは、大胆に斜めにカットすることで、小さな名刺から長いチケットまで、幅広く収納いただけるように工夫しました。

内装の生地にはヌバック調のやわらかで手触りの良いものを使い、触れたときの心地よさを大事にしています。金具は全てブラックでまとめ、シャープな印象に仕立てています。

コーディネートに合わせて選べる、2種類のカラー

PLANETARIOスマートフォンショルダーバッグは、2種類のカラー<シルバー・ブラック>をご用意しました。裏面はマットブラックで共通のカラーです。







商品詳細
商品名 PLANETARIO|スマートフォンショルダーバッグ
コンセプト
デザイン
北村隆浩
カラー シルバー/ブラック
素材 外装:人工皮革・合成皮革
内装:ナイロン 60%・ウレタン 40%
商品サイズ 外寸:W110xH198xD8(mm)
内寸:W100xH190(mm)
ストラップチェーン長:約 1250(mm)
重量 約 146g(チェーン部含む)
生産国 日本
注意事項 ・本来の目的外でのご使用はおやめください。
・重たいものや大きなものを入れると、型崩れ・金具の破損に繋がりますのでおやめください。
・表面の汚れは、乾いた柔らかい布で拭き取るようしてください。
・表面の箔は経年劣化により剥がれることがあります。
・濡れた場合は陰干しし、保管の際は高温・多湿を避けてください。


 TRINUS PHOTOS