22時のカレー(よるくち)|ハーブ香る無添加クラフトカレー

カテゴリから探す

インテリア



キッチン&ダイニング



ファッション



ステーショナリー



フード&スイーツ



Instagram

Facebook

Twitter

STORE CONCEPT

カテゴリ一覧

Instagram

Facebook

Twitter


22時のカレー(よるくち)|ハーブ香る無添加クラフトカレー

新作 Select

価格

¥ 810(税込)


【selectアイテム】
さらりとしたスープのような、やさしい口あたりが特徴的なクラフトカレー。華やかなハーブの香りが、満足感を高めます。さらに低カロリー(91キロカロリー)、無添加なので、夜食としていただいても罪悪感がなく、胃がもたれにくい"とっておきの夜食"です。

健康的でバランスのよい食生活を送りたいけれど、夕食の時間がつい遅くなってしまったりしてモヤッとした罪悪感とともに食事をする…そのような経験はありませんか?
少しでもドキッとした方におすすめの、”とっておきの夜食“「22時のカレー(よるくち)」をご紹介します。

豊かな"食時間"をデザインする、フードテックカンパニーの挑戦

「22時のカレー」を手掛けるのは、「豊かな食事感を作り、商品やサービスを通して、私たちの生活を心地良く変化させていくこと」 を理想とするフードテックカンパニー、株式会社ゆっくり おいしい ねむたいな。1日3回訪れる食事の時間を豊かにすることができれば、 日々の幸せにつながるのではないかと考えている会社です。

「22時のカレー」開発のきっかけは、代表・左近 榮梨(さこん えり)さんの実体験にありました。 夜遅くまで仕事をしていて夕飯を食べる時間が遅くなってしまった時、本当はおいしいものが食べたいけれど、健康面を考えて実際に選ぶのは 低カロリーのインスタント麺やサラダが多かったと言います。1日の最後を締めくくる夕食なのに、妥協した食事をしてもいいのだろうか?そんな想いを抱えていました。

「夜遅くに食べても罪悪感を感じず、満足感のあるフードをつくりたい」

左近さんの想いを実現する、今までになかった新しい商品の開発がスタートしました。 選ばれたテーマは、カレー。発祥こそインドですが、国民的に愛されている日本の代表食ともいえるフード。たくさんの方に手にとっていただきたいという、左近さんの想いが詰まっています。

22時のカレー(よるくち)3つの特徴

①リラックス効果が期待されるハーブを使用

22時のカレーはアロマに近い考え方で、癒しやリラックス効果が期待されるバジル、セージ、タイム、パセリ、オレンジを使用しています。

実は、このハーブの調合には、22時のカレーならではのこだわりがあります。ハーブの香りを立たせようとするとどうしてもハーブの使用量が多くなり、ごはん特有の甘味や香りによって苦味が際立ってしまうそう。何度も試行錯誤を重ねた結果、ハーブの香りを感じながらも苦味は感じない、ごはんやパンと合わせても相性の良い配合が見つかりました。

ハーブの香りを軸に、コリアンダー、クミン、ターメリック、パプリカ、ジンジャーなどのスパイスをバランスよく配合しています。夜遅い時間でも、心置きなく、おいしく食べられるのが嬉しいですね。

②身体への負担が少ない

22時のカレーは、市販のレトルトカレーに比べてもカロリー控えめ。(1袋120gあたり91kcal) ていねいに鶏肉の皮を取り除いたり、油の使用量を抑えるなどの工夫によって、本来の風味を損なうことなく低カロリーを実現しています。 少ないカロリーでカレーのうまみを引き立てるために、九州西部長崎県の自然豊かな五島列島で作られた塩を使用しているのも、こだわりのひとつです。

さらに、22時のカレーは指定添加物、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物を使用していません。

③食べ方いろいろ、お好みでどうぞ

はじめはスープのようなやさしさとハーブの香りを感じ、食べ進めるとホールスパイスや生姜の食感、 旨味と辛味を感じる新感覚のカレーです。単体でスープとしても、お米やパンなどと合わせてもおいしくいただけるので 体調やお腹の空き具合に合わせて食べ方を選んでくださいね。

実食レポ!口当たりあっさりで低カロリーが嬉しい、22時のカレー

在宅ワーク中のランチタイムにいただいてみました。市販のレトルトカレーで胃もたれしてしまうことが多いメンバーK。22時のカレーは口当たりも軽く、あっさりしているので最後までおいしくいただけたとのこと。 具材もごろっと入っているので、低カロリーでも満足感は十分!長期保存が効くので、いくつかストックしておけば旦那さんが遅く帰宅した際の夕食のレパートリーとしても、重宝しそうです。

22時のカレー パッケージデザインのこだわり

まるで絵本のような世界観が印象的な、22時のカレーのパッケージデザイン。キッチンにそのまま置いておいても。保存のために常備するなど、ライフスタイルに合わせて楽しんでもらえたら、という思いも込められています。

お客様の嬉しいご感想を紹介します

「夜に食べても罪悪感がない」「夜遅くにぴったり」というご感想を多くいただいている、22時のカレー。やさしいのに程よい辛さがあり、ハーブやスパイスの香りの良さを評価いただいております。

多数のメディアでも取り上げられています

白泉社
kodomoe 2021年2月号(月刊誌)

最新号が出るたびに、ネット書店の育児部門の1位を独占する人気の親子ライフスタイル雑誌 「kodomoe」さんの2021年2月号特集 「kodomoeいいもの大賞2020(フード部門)」 にて、 忙しいママのお供として「22時のカレー(よるくち)」を取り上げていただきました。


株式会社オレンジページ
オレンジページ 2021年4月2日号

読者に35年以上愛されている料理雑誌「オレンジページ」さんの2021年4月号特集にて、「毎日がワクワクする新商品」として、22時のカレー(よるくち)を取り上げていただきました。

商品詳細
商品名 22時のカレー(よるくち)
原材料名 たまねぎ(国産)、鶏肉(ブラジル産)、ばれいしょ、 にんじん、食用なたね油、香辛料、トマトピューレ、 しょうが、牛乳、ブイヨン、にんにく、調合みそ、 オレンジパウダー、くるみ、くろごま、食塩 、(一部に乳 成分・鶏肉・大豆・オレンジ・くるみ・ごまを含む)

<栄養成分表示1袋(120g)あたり>
エネルギー:91kcal
たんぱく質:4.3g
脂質:5.1g
炭水化物:6.9g
食塩相当量:0.8g
(公社)長崎県食品衛生協会

内容量 120g
賞味期限 2023年3月1日


 TRINUS PHOTOS