TUGI TUGI|ツギツギ

カテゴリから探す

インテリア



キッチン&ダイニング



ファッション



ステーショナリー



フード&スイーツ



Instagram

Facebook

Twitter

STORE CONCEPT

カテゴリ一覧

Instagram

Facebook

Twitter


TUGI TUGI|ツギツギ

おすすめアイテム

価格

¥ 9,000(税抜)

数量


“次” 世代の技術とデザインにより、日本の漆文化を “継” いでいく。

東京都立産業技術研究センターが開発した100%天然材料(木粉50%:漆樹液50%)でありながら扱いやすさを実現した次世代素材「サスティーモ®」。個性的テキスタイルブランド「Sarahbel(サラベル)」のデザインと、会津若松の伝統工芸士の加飾と出会うことで、美しく現代的な漆器となりました。

TUGI TUGIの特徴1.日常使いできる、本物の漆器


TUGI TUGI(ツギツギ)は、(地独)東京都立産業技術研究センターが開発した漆器用天然材料サスティーモ®を活用したお猪口です。本物の漆器でありながら、湿気/乾燥/キズに強くかぶれをおこさない「次世代の漆器」が出来上がりました。

TUGI TUGIの特徴2.テキスタイルデザイナー × 伝統工芸士






TUGI TUGIは伝統的で細やかな加飾と現代的なデザインの共演により、現代の食生活を彩る華やかさを目指しました。
デザインを担当したのは「Sarahbel(サラベル)」。一度見たら心に残るような華やかさが個性的なテキスタイルブランドです。

そして、一つ一つの絵付けは会津若松の伝統工芸士による手仕事によるもの。小さく深さのあるお猪口の内側に絵付けをすることは、高い技能を持つ職人でも困難な仕事です。TUGI TUGIは、会津若松市技能厚労賞を受賞した腕利きの職人の協力を得ることで、お猪口の内側に咲き誇る花のデザインを実現しました。

TUGI TUGIの特徴3.最高の一杯は、熱燗で。


TUGI TUGIは、漆器が持つ「保温性」「断熱性」という特性に加え、サスティーモ®︎の製法によって「耐熱性」も持ち合わせています。最高の一杯を「熱燗」で味わうことができます。手を添えたときに過度な熱さを感じることなく、温かさをキープします。
また、飲み口を薄くすることで器による抵抗感を減らし、お酒がすっと口に運ばれます。甘みや酸味を感じるといわれる舌の先にお酒が当たりやすくなることで、お酒の旨味をより感じられる効果も期待できます。昔から漆器で飲むお酒はまろやかで、口当たりが優しくなるといわれています。


製法について


従来の漆器は、木を削って作られた器の素地に漆を塗り、半年程度寝かせた後にようやく出荷されます。このように作られた漆器は高い保温性や断熱性という機能性だけでなく独特のぬくもりがあり、使えば使うほど艶が増していきます。まさに持ち主とともに時を刻む”生きた”プロダクトです。
ただその反面、伝統的な漆器は乾燥や熱に弱く、キズがつきやすいなどの理由で日常使いが難しいとされることもあり、現在国内外の市場で流通しているものの多くはウレタン塗装などの合成塗料を使った漆器”風”製品であるといわれています。

そこで(地独)東京都立産業技術研究センターは、プラスチック等の石油由来の原材料を一切使わない新しい漆技法を開発しました。

漆の樹液と間伐材の木粉を混成した材料によって素地を成形し、伝統技術である漆塗りを施した上で熱処理を行うことで、本物の漆でありながら湿気/乾燥/キズに強くかぶれをおこさない、まさに次世代の「漆器」が実現したのです。

デザインについて


Sarahbel(サラベル)はシャクヤクの品種サラ・ベルナールの略語を由来とする、デザイナーすぎやましょうこが展開するテキスタイルブランドです。
今回は、花をモチーフにしたBloomとSilenceのテキスタイルをベースに、金を使ってTUGI TUGIのためだけにデザインしました。


このデザインを漆器に描くのは、会津若松市の漆職人です。
ベースの漆塗りは吉田徹氏が、そして華やかな柄の絵付けは大竹信一氏が担当しています。大竹氏は会津若松市の技能功労者として表彰されるなど卓越した技能で知られる伝統工芸士です。

TUGI TUGIは技術革新とデザイン、そして伝統工芸が融合した次世代の漆器です。ぜひ、あなたの暮らしに彩りをもたらしてくれることでしょう。

商品詳細
商品名 TUGI TUGI
デザイン Sarahbel
素材 素地:木粉50%、漆樹液50%
表面塗装:漆塗り
商品サイズ 直径65mm x 高さ45mm
パッケージサイズ 縦85mm x 横85mm x 高さ55mm
重量 80g (パッケージ含む)
生産国 日本
注意事項 ・直射日光を避けて保存して下さい。
・たわし又は磨き粉で磨かないでください
・電子レンジや自動食器洗浄機は使わないでください


 TRINUS PHOTOS