水で洗い流しても成分が肌に残る。成分吸着技術

水で洗い流しても成分が肌に残る。成分吸着技術

  • その他製造 締切 : 2018.12.10
  • 世の中には保湿成分などを謳ったボディソープが多くありますが、すすぎ時に保湿成分も同時に洗い流されてしまうことをご存知でしょうか。この課題を解決するため、ライオンは3年間の期間をかけ、洗い流した後にも成分を肌に残す新技術を開発しました。この技術を活用して生まれたのが吸着保湿テクノロジー「hadakara」です。ただこの技術、保湿成分だけでなく、香りや殺菌成分、抗炎症成分など、他にも様々な効果との組み合わせが可能なのです。そこで、この技術を活用した新たな商品コンセプト・デザインを募集します。
ライオン株式会社 ライオン株式会社

これまでのボディーソープは保湿効果が洗い流されてしまっている!?

ライオンが実施したアンケートで、”1年を通じて感じる最も大きな肌の悩み”として、91%もの人が肌の乾燥に悩んでいることが分かりました。日本をはじめとするアジア圏にみられる黄色人種の肌は、角質層が薄く、皮膚水分量が低いため、そもそも肌が乾燥しやすいと言われています。 また同調査では、”保湿のためにボディークリームを使っていますか?”という質問に対し、「全身塗るのがめんどう」「つかれていて毎日は塗れない」などの理由から、実に69%ものひとが毎日ボディークリームを使えていないという結果も判明。 そこで、ボディソープそのものに保湿効果が求められるわけですが、従来のボディーソープは、保湿成分が肌にとどまることなく洗い流されていると言われています。保湿成分入りのボディーソープを選んでも、その効果を実感する前に流れてしまっては、せっかくの成分も水の泡です。 そこで、ライオンは3年の歳月をかけて洗い流した後にも保湿成分を肌に残し潤いを与える「吸着保湿テクノロジー」を実現しました。この技術を活用して生まれたのが同社の自信作hadakaraです。

このようにして研究所が実現した技術がヒット商品に繋がったわけですが、実はこの技術、保湿以外にも様々な応用の可能性を秘めているのです。では、改めてこの技術の特徴を見ていきましょう。

吸着のメカニズム

洗浄成分と保湿成分のPQ-6、そして2つの促進成分からなる日本初の処方により実現した洗浄液は、水と混ざると保湿成分を肌に吸着しやすい形(保湿成分複合体)に変化させ、すすぎ時にも保湿成分が肌に吸着して洗い流されることなくとどまり、高い保湿効果を実現します。

専門パネルによる評価の結果、hadakaraで洗った後の肌は、化粧水を塗布した後と同じ実感レベルと評価されました。これは従来のボディソープを上回る高い保湿実感です。

使えば使うほど、効果が向上

この吸着テクノロジーは、お肌にうるおい成分をとどめることで、角層水分量を徐々に高めてくれます。洗うたびに毎日のお肌の手入れが楽になるだけでなく、使い続けることによってお肌の状態がだんだんと潤いを増してゆく、お肌にうれしい新処方なのです。

技術の応用可能性

hadakaraはこの技術を活用し、保湿成分を吸着させることで生まれた商品ですが、保湿成分の他にも香りを肌にとどめることができることがわかっています。また今後の商品開発次第で、殺菌成分や抑炎成分など、その他の成分を肌に残し、使用後に効果を実感するようにできる可能性があるそうです。 是非、下記のような着眼点を参考に新たな商品コンセプトをご提案ください。

 

  1. 効果から考える
    美容や健康等の観点から、肌に残したい効果にはどのようなものがあるでしょうか。効果の側面から考えることで、新たな提案が可能となるかもしれません。

  2. シーンから考える
    水に触れることで吸着を促進するこの技術。では、日常の暮らしの中で水に触れるシーンにはどのようなものがあるでしょうか。

  3. 別のものを置き換える
    すでにある別のものを吸着技術を使ったものに置き換えることで、全く新しい在り方の利便性や付加価値が生まれるかもしれません。

その他にも着眼点は十分に考えられます。 皆さん独自の視点でのご提案をお待ちしております。

商品コンセプト・デザインの募集

そこで、今回皆様のお知恵をお借りして、この技術を活用した新しい商品コンセプト・デザインを募集をすることになりました。作品のご投稿にあたっては、下記の留意事項を踏まえて頂けるようご注意ください。

 
ご提案について

今回募集するのは「どういったお客様の」「どういったニーズを」この技術を活用することで「どうやって満たすのか」といった商品コンセプトと、形状・色やパッケージ等のデザインまで含めた、トータルでの提案になります。ただ、デザインが難しい場合には、商品コンセプト部分だけでのご提案も可能です。

 
商品ジャンル

人の肌に対して何らかの効果を吸着する商品を今回募集する商品ジャンルとさせていただきます(今回、シャンプーについては対象外となります)。

 

パッケージ

本取組は全国の小売店で流通されるヒット商品を生み出すことを目標としています。パッケージにも新しさがあればなお良いですが、一方で、あまり高コストのものになりすぎないようご注意ください。

 

商品化までのプロセス

商品コンセプト・デザイン募集の締め切りは2018年12月10日です。募集期間終了後から一定期間をブラッシュアップ期間と位置づけます。投稿作品の中で有望だが実現性に問題があるものなどについてはこちらからコメントをさせていただき、ブラッシュアップのご検討をお願いすることがございます。その上で採用作品を決定し、製品開発に移行いたします。

 

説明会の開催

10月16日(火)と10月25日(木)にライオンの研究員から技術の詳細をご説明する説明会を開催します。ぜひご参加いただき、直接ご質問いただければと思います。

ご参加はこちらから(外部サイトに遷移します)

 

その他、ご質問があればチャット欄でお書き下さい。皆様のご参加お待ちしております!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr

デザインを投稿する

デザインを投稿するには、ログインしてください。

募集要項

報酬

LIONとTRINUSが共同で製品化・販売を行い、下記の報酬をお支払します。

  • 基本コンセプトとして採用された段階で賞金20万円
  • その後の開発プロジェクトへのご参画で20万円
  • テスト販売を経て一般販売に移行すれば、売上ロイヤリティを最大で0.5%をお支払いします。

※複数の作品が採用される可能性もあります
※ロイヤリティの上限は年間300万円、5年間(1,500万円)までとなります
※投稿された商品コンセプトやデザインが全てそのまま採用されれば売上ロイヤリティは最大値(0.5%)に、部分的な採用となった場合は貢献度を判断し比率を設定させていただきます
※売上ロイヤリティは、メーカー卸価格に対して乗じることで計算します。売上金額に応じたお支払いとなるため金額はお約束できません
本コンペで採用された場合でも、その後、全国流通されることをお約束するものではありません

応募方法
  • コンテンツは、すべて画像(JPG, PNGまたはGIF形式)で本サイト内で投稿してください。
  • コンテンツは、企画書、アイデアプラン、アイデアスケッチ、レンダリングCG、図面、実際に制作した試作品を撮影した画像等、自由に組み合わせてご投稿頂けます。投稿は合計6ファイルが上限となっております。
審査方法
  • 「Want it!」で高評価を獲得し、閲覧ユーザーから多くの支持を得ていること
  • 弊社ネットワークのバイヤーから多くの支持を得ていること
  • 応募要項に沿っており、メーカーにて製造可能なこと
  • 複雑な構造になり過ぎず、現実的に販売可能な製品価格に収まるデザインであること

※注意事項については利用規約もご覧ください

コメントする

  • 運営全般に関するご意見・ご質問は、
    お問合せからご送信ください。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

  • スパムとして報告する shinji.konno shinji.konno フィルム状にしても同じ効果を持たせることは可能でしょうか。
    スパムとして報告する shinji.konno shinji.konno ご返信ありがとうございます。
    薬効成分で想定していました。
    スパムとして報告する s-takana s-takana フィルムにすることで、同じレベルの効果になるかはわかりませんが、効果を持たせることはできると考えます!