Q1: 水が無いと、複合体は出来ないのですか?
A:

水分なら唾液や汗等、どのようなものでも可能です。

 

Q2: 複合体に変わってから、時間経過によって成分が無くなるなどの制限はありますか?
A:

時間経過でなくなるものは今のところありませんが、水ですすぐ量によってはなくなるものもあります。

Q3: 複合体の保湿効果をあげることは、技術的に可能ですか?
A:

可能だと思います。

Q4: 複合体技術は、口に入ったり飲み込んでも問題ないですか?
A:

成分によっては安全なものもあります。

Q5: 複合体が残存するということだが、タオルでごしごししても剥がれないでしょうか?複合体が落ちる条件を教えて下さい。
A:

複合体は、ものすごくしっかりついているものではないので、衣服のこすれ等でも複合体は落ちてしまいます。12時間くらいは肌に残りますが、24時間にはリセットされているイメージです。

Q6: 水と混ざって複合体できた後、何かの形で元のプラスマイナス状態に戻ったりすることはありますか?(性質が一回希釈した状態から元に戻ることはありますか?)
A:

また元に戻ることは、難しいと思います。

Q7: 始めから水と混ざった複合体は可能ですか?
A:

可能であると思います。

Q8: 日光が当たると、成分は変わりますか?
A:

「アクロン」や「ハレタ」など衣類用洗剤もあり日に当たる前提のものもあるので大丈夫です。ボディーソープやシャンプーは、屋外使用を想定していないですが、性質は変わらないと思います。

直射日光に当てないでくださいと書いてある製品に使われている精油等を取り込ませることは、危険かもしれません。

Q9: 洗い流した後に化粧水やクリームを塗った場合、白濁したりする等の現象はないですか?化粧水などを塗ると、洗っている時みたいになってしまわないですか?
A:

ものによりますが、成分によって変えることが出来ます。

Q10: ローションを塗った場合、(複合体によって覆われているから)浸透はあまりしなくなりますか?
A:

制御は可能だと思います。

Q11: 保湿効果は、身体の場所(顔や手など)によって変わりますか?
A:

推測ですが、肌と髪の場合は、表面の性質が異なるので、保湿効果や複合体の付き方が変わります。

Q12: 今回の募集は、hadakaraのボディーソープだけですか?他の製品でもOK?
A:

製品に関しては、縛りはありません。HP上でシャンプーは除外しているとしていますが、全くコンセプトが違うものであれば除外という形にはしません。

Q13: hadakaraの保湿効果をあげるため、使用上の注意はありますか?(ボディタオルでこすりすぎない等)
A:

肌には個人差もありますし、洗浄部・洗浄方法によっても保湿の効果は変わります。

Q14: 複合体の形成は、水と反応して出来るとのことですが、水が無い状態で形成はできるのですか?
A:

実際は、水と混ざり薄まることで複合体が形成されるので、水がない状態では難しいです。

Q15: 複合体の形成に必要な水の分量は、どれくらいですか?
A:

希釈の量に関しては、成分の方で調整できます。

Q16: 水をかき混ぜないと反応しないのですか?水があれば自然に反応しますか?
A:

かき混ぜたほうが反応は早く出ますが、水の中に成分を入れたおいた状態でも徐々に複合体も出てきます。

Q17: 複合体は、透明にならないのですか?
A:

複合体の粒子の大きさを変えることで、にごる/にごらないは変えることが出来ると思います。透明の状態にすることは、溶解している状態になってしまうので難しいかもしれません。