Red List Project

ファッション雑貨
「レッドリスト」とは絶滅のおそれがある動植物種をまとめたリストでいわゆる「絶滅危惧種」のことです。その動物達のテクスチャーをエンボスなどの技術で革や紙に再現し、身近に使用できるアイテムとすることで、ファッショナブルでありながら絶滅危惧種の動物を身近に感じられる新しい価値を提示します。

シェアで応援

  • Share on Tumblr

絶滅危惧種動物について調べてみました

TRINUS TRINUS 2020.07.20

2016年に立ち上がったものの休止状態にあった「Red List Project」ですが、このたび本格始動することになりました!「Red List(レッドリスト)」とは、絶滅の恐れがある野生生物のリストのこと。TRINUSでは、特殊な印刷技術で生物のテクスチャーをリアルに表現することで、絶滅の危機に瀕している生物をもっと身近に感じられるファッショナブルなアイテムの開発に向けて動いています。

現在、どんな生物をモチーフにするか、どんなアイテムにするか検討を重ねています。そこで今回は、現段階のモチーフ候補であるレッドリストの生物を紹介します!

 

1. アオホソオオトカゲ

鮮やかなブルーのドットが印象的な「アオホソオオオトカゲ」は、2001年にインドネシアのニューギニア島西部にあるバタンタ島で発見されました。

全長最大1メートル。バタンタ島固有の生物とみられ、森に生息しています。正確な個体数は分かっていませんが、森林破壊が進んだことや、ペット用に捕獲されたことなどが原因で生息数が減少。絶滅の危機にあります。

レッドリストの査定機関である国際自然保護連合(IUCN)は、世界中の生物を、絶滅した可能性が高い「Extinct(絶滅)」から絶滅の危険度が低い「Least Concern(可能性は低い)」の7段階に分類して評価しています。この中で、アオクサオオトカゲは4番目に高い「Endangered(危機に瀕している)」に位置付けられています。

参考:
ICUN, Blue Speckled Tree Monitor
NATIONAL GEOGRAPHIC, 青いオオトカゲ、ニューギニア島の新種

 

2. ヒロオビフィジーイグアナ

続いても爬虫類。”世界一美しいイグアナ”と称される「ヒロオビフィジーイグアナ」は、目が覚めるような鮮やかな緑色の体と、雄特有の水色の縞模様が特徴です。その名の通り、フィジー諸島の森林に生息するイグアナで、日本では、静岡県の動物園「iZoo」が唯一繁殖、飼育に成功しています。

野生のヒロオビフィジーイグアナは、森林破壊や、都市化、野生のネコやネズミによる捕食の影響で年々減少しています。個体数は8,000以下という調査結果や、過去30〜45年の間に数が半減しているという研究結果もあり、IUCNの査定では、上から4番目に絶滅危険度が高い「Endangered」に認定されています。

参考資料:
IUCN, Lau Banded Iguana
体験型動物園 iZoo, 「iZooで会える生体の一部をご紹介します

 

3. グレビーシマウマ

今度はガラッと変わり、動物園の人気者・シマウマの一種をご紹介。「グレビーシマウマ」は、肩までの高さが1.4〜1.6メートル、体重は350〜420キロとシマウマの中でも最も大型のシマウマです。エチオピア、ケニアの低木帯や草原に生息しています。

家畜飼育の広がりによる生育環境の悪化や食用捕獲のため、野生の個体数は1970年代後半の約15,600頭から、2004年の約2,000頭まで大幅に減少。かつてはソマリアやスーダンにも生息していましたが、絶滅したとされています。幸いなことに、2000年代半ば以降は数が安定しており、2016年の調査では1,956頭の生息を確認。しかし余談は許さない状況だとして、IUCNは「Endangered」と認定しています。

参考:
IUCN, Grevy's Zebra
東京動物園協会, 動物図鑑

 

4. アジアアロワナ

自然のものとは思えない、色彩豊かな光沢が特徴の「アジアアロワナ」 。その名の通り、カンボジア、マレーシアなど東南アジアに生息する熱帯淡水魚です。最長90センチにまで成長する体や、光沢がある大きな鱗、顎から突き出たひげなどの特徴から「龍魚」と呼ばれることもあるそう。

しかしその美しさゆえ、観賞魚として世界中で注目を浴びたことで、1970年代以降大量の捕獲が始まりました。結果、野生のアジアアロワナは大幅に減少。ある調査によれば、カンボジア、タイ、マレーシアでは2010年から現在に至るまで、野生の個体数が90%減ったとされており、IUCNの評価は「Endangered」です。

参照:
IUCN, Scleropages formosus
NATIONAL GEOGRAPHIC, 「量産される絶滅危惧種アジアアロワナの危険な誘惑」

 

5. アンデスフラミンゴ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

National Geographic(@natgeo)がシェアした投稿 -

次はラストのご紹介。爬虫類、哺乳類、魚類に続いて鳥類のマドンナ(?)、フラミンゴです。ペルーやチリなど南アメリカのアンデス山脈に生息する「アンデスフラミンゴ」は、体長100〜110センチと大型で、黄色い足が特徴です。

2,300〜4,500メートルの湿地で暮らしており、1980年代半ばには50,000〜100,000羽がいたとされています。しかし卵が食用として捕獲されたことや、環境悪化などが原因で、約10年後の1990年代半ばには約34,000羽と大幅に減少。1997年以降は数が安定、回復し、2010年には38,675羽が確認されたものの、絶滅危惧種(危険度が5番目に高い「Vulnerable(希少)」)とされています。

参照:
IUCN, Andean Flamingo

 

いくつご存知でしたか?レッドリストの生物たち

今回は、トカゲからフラミンゴまで、絶滅の危機にある生物を取り上げました。IUCNによると、世界で32,000種以上の生物が絶滅危惧種とされていて、今回紹介したのはほんの一部に過ぎません。

多くの生物は人間の行動によって生命を脅かされています。1人1人のアクションは小さくても、積み重なったり合わさったりすれば、とてつもなく大きな影響を与えてしまうのです。便利な生活の代償として、犠牲になっている生命があるということを忘れてはいけません。

現在TRINUSは、特殊な印刷技術で生物のテクスチャーをリアルに表現することで、絶滅の危機に瀕している生物をもっと身近に感じられるファッショナブルなアイテムの開発に向けて動いています。今回は、モチーフの候補である絶滅危惧種の生物を紹介しました。今後プロジェクトの進捗をお知らせしていきますので、どうぞご期待ください!

 

コメントする

この製品化プロジェクトに対するご意見や改善の提案など、プロデューサーとして前向きなコメントをご投稿ください。コメント投稿により10pt、コメントに「いいね」が1つ付くごとに5ptを獲得できます。

※内容が不正である場合は、事務局によって取り消されます。

コメントを投稿するには、ログインしてください。

  • スパムとして報告する kaosan kaosan 期待しています。

本ウェブサイトはCookieを使用しています

Cookieは統計目的で使用されます。また、サードパーティのサービスによって設定されるCookieもあります。「OK」をクリックすると、クッキーの使用をご承諾いただいたこととなります。

詳細を表示詳細を閉じる

この同意は以下のドメインに適用されます:trinus.jp

クッキーとは?

クッキーは、コンピューター、タブレットまたは携帯電話に保存される小さなデータファイルです。クッキーは、有害なプログラムやウイルスが存在する可能性があるプログラムではありません。

ページでクッキーを使用する方法とその理由

ページが機能するにはクッキーが必要です。クッキーを使用することで、あなたのページのアクセス履歴の概要を確認でき、その情報をもとにあなたの要件や興味に合わせてページを継続的に最適化、調整することができます。たとえばクッキーは、あなたがショッピングカートに追加したもの、以前このページにアクセスしたか、ログインしているか、ページ上で表示させたい言語や通貨、といった情報を記憶しています。また、他のページ上で当社の広告をあなたに沿ったものにするためにクッキーを使用する場合もあります。非常に一般的な使い方としては、あなたとできるだけ関連性が高いコンテンツを表示するためにクッキーを使用しています。

クッキーはどれくらい保存されますか?

あなたのデバイスにクッキーが保存されるクッキーの期間は異なります。期限が切れる予定日時は、最後にホームページにアクセスした日をもとに算出されます。クッキーは期限が切れると、自動的に削除されます。

クッキーを拒否または削除する方法

コンピューター、タブレットまたは携帯電話のブラウザ設定を変更することで、いつでもでクッキーを拒否することができます。設定がどこにあるかは、使用するブラウザの種類により異なります。設定を変更されると、利用することができない機能やサービスがある場合がありますのでご注意ください、そうしたサービスや機能はホームページがあなたの選択を記憶できるという状況でのみご提供可能なためです。

こちらから、Google Analyticsのクッキーをブロックするように設定することができます。

こちらから、複数のネットワークで情報を共有する広告ネットワークのクッキーをブロックするように設定することができます。

クッキーの削除

過去に承認したクッキーを削除することができます。最近のバージョンのブラウザを搭載したパソコンを使用している場合は、次のショートカットキーを使ってクッキーを削除できます:CTRL + SHIFT + Delete ショートカットキーが機能しない、および/またはApple社のコンピューターを使用している場合は、ブラウザの種類を確認し、関連するリンクをクリックしてください:

注意:複数の異なるブラウザを使用している場合は、すべてのブラウザからクッキーを削除する必要があります。

他にご質問はございますか?

今回お伝えした情報および/または個人情報の処理に関するご質問やご意見がある場合は、お気軽にお問い合わせください。info@trinus.jp